ペップトークとは

あなたは「言葉の力」、信じますか?

ペップトークは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチです。

「Pep」は英語で、元気・活気・活力という意味があります。

日本を代表するアスレチックトレーナー岩﨑由純がアメリカのスポーツ現場で学んだ「勇気を与える感動のスピーチ」を、自分、家族、仲間に伝えるコミュニケーションスキルとして確立いたしました。

スポーツ現場はもちろん、家庭で、職場で、教育現場ですぐに実践できるシンプルでポジティブな言葉を使ったコミュニケーションです。

あなたが応援したい人に送る

背中のひと押し…

ペップトークの特徴

「誰でも学べる」

あなたが親でも、少年サッカーの指導者でも、学校の先生でも、会社の上司でも学生でも、勇気づけたい人がいる人なら誰でも学べます。

「学んだらすぐ使える」

日常的に使っている「言葉」を元にしているので、あなたは学んだらすぐに使うことができます。

「いつでもどこでも使える」

あなたに応援したい人がいれば、日常生活のどんな場面でも使えます。

「簡単に使える」

2つの基本スキルさえ学べば、あなたは日常の会話の中で簡単に使うことができます

「成果がすぐに出る」

言葉がけによって自分や相手が前よりも自信を持って行動できるようになるので、すぐに効果が出ます。

「ポジティブな人になる」

前向きな言葉を使うので、あなたの思考も行動も前向きになります。

ほとんどのPEPトークがこの4つのフレームで作られています。

①事実を受け入れる

②捉え方変換

③してほしい言い方アクションを伝える

④背中のひと押し

 

これら4つのフレームを順番に使うことで、相手のやる気を引き出し、勇気を与える激励のメッセージを伝えることができます。

出典 ペップトーク | 魂に火をつける講演家 | 浦上大輔